アクア 中古車 価格 相場

クルマ購入特価

乗用車を鑑定要望する際は、鑑定担当者の対応を見て感覚をつかむことが重要です。

 

差しずめ、査定をするのは人です。

 

その人の品性にもよりますが、感覚を探し回ることで、ある程度の査定額の好みを把握することができます。

 

もしも、査定担当の人に真剣さが感じられないときは、高値は見込めないでしょう。

 

そのような段階で、交渉を打ち切って、他のディーラーに変えた方がいいかもしれません。

 

感じの悪い査定担当に、いくら愛車の魅力的なところをいい通してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定する人は本職なので、アピールしなくても基本的にに査察アップの点は見逃しません。

 

最後を焦りむちゃに成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感じがよろしくない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。

 

査定スタッフに対しては、ある程度は良いところを申告してもいいのですが、あまりに往生際が悪すぎると反対に印象が悪くなるので、気をつけなければなりません。

 

評価担当者は出来る限り早く契約書を便宜したいと思っています。

 

そのため、良い感触を得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。